スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UCR-10/A VENGEANCE 完成

更新がしばらく空きましたスミマセン!

ARMORED CORE Vより、レイ・ドミネイトことRDの駆る、ヴェンジェンス:最終決戦仕様が完成(たぶん)しました!

光らせるためにコトブキヤ直営で購入したり
最終決戦仕様にするためにアグニも購入したり(武器目当て)

やたらお金と時間がかかってしまいましたね(ヽ'ω`)コトコンに応募するつもりで作ってたのに…


今回はACアダプタを使って家庭用コンセントにつなげることで発光します。初外部電源。


とりあえず写真をば(今回は少し多いかも)
01.jpg 02.jpg 03.jpg 04.jpg 05.jpg 06.jpg 07.jpg 08.jpg
頭部は目立たないように外付け電池ボックス取り付けで発光可能(やれば全身できるけどすぐ電池切れ)


各部アップ
09.jpg 10.jpg 11.jpg 12.jpg 13.jpg 14.jpg 15.jpg 16.jpg 17.jpg 18.jpg 19.jpg
マニピュレーターはビルダーズパーツのものを使用。
ガンプラ用でありながらガンプラに使うとハイディテール過ぎて若干浮いてしまうこれですがACにはちょうどいい感じ。


オーバードウェポン:グラインドブレード
20.jpg 21.jpg 22.jpg 23.jpg 24.jpg 25.jpg 26.jpg 27.jpg
アーマードコアVを代表するシロモノ、オーバードウェポン:グラインドブレード(正式名称:対警備組織規格外六連超振動突撃剣)
例によってLEDが組み込まれてますが、コネクタ接続で本体から電気を貰う形になります(ゲーム内の設定的にも)


機体各所センサー発光
28.jpg 29.jpg 32.jpg 33.jpg 34.jpg 35.jpg 36.jpg 37.jpg
発光箇所はヴェンジェンスとアグニのパッケを参考に。取説なんかの塗装サンプルの塗り分け見た感じだともっと発光するだろう箇所があるのですが妥協(ヽ'ω`)仕込んでもほとんど見えなくなったり仕込むことで著しく強度を損ないそうだったので
いつもの調子で、配線は極力見せず、可動はそのまま…。今回はサイズがサイズ(キットの大きさ自体はガンプラで言うとHGクラス相当)なのでちょっとばかり大変でした。


ブースター点火
38.jpg 39.jpg 40.jpg 41.jpg
やはりバーニアエフェクトとLEDの相性は良好


射撃
42.jpg 43.jpg
45.jpg 44.jpg 
しかしポーズとらせにくい(主に背中に載ってる超重量の物体のせいで)
まぁV系列のACはSF的要素が薄いので派手なポーズをとらせたところであまり似合わない気もします。
ポーズをほとんど変えなくてもエフェクト着けるだけで見え方(静止撃ち/動き撃ち)が変わるもんですね。


構え射撃
46.jpg 48.jpg 47.jpg
左脚部の盾を展開してのスナイパーキャノン発射状態。
特に最後の一枚とか、煽りで見ると本当に人型兵器なのか疑わしいシルエットになりますね。




- 不明なユニットが接続されました。システムに深刻な障害が発生しています。直ちに使用を停止してください -
49.jpg 50.jpg 51.jpg
53.jpg 54.jpg 55.jpg 56.jpg
RD「俺からは逃げられないって、知ってるはずでしょ?死んでもらう、今度こそ。」

フラン「…ムリよ。」

RD「あ?」

フラン「あなたなんかに、そのACは倒せない。私にはわかる。死ぬのはあなたよ。」

RD「あぁ!?やってみろよ!!」


ということでグラインドブレード発動。

グラインドブレード本体への電気供給は右腕との接続部から行われるので、背中にマウントされてる時はいくら電源をオンにしても発光しません

LEDが組み込まれてますがプラグ接続を使って左腕パージ可、頭部もオーバードウェポン発動状態と差し替え可です。

照明の有無とかカメラの露出とか炎エフェクトの有無とかかえて何パターンか撮影したのですがどれが良いか決めあぐねたので同じポーズですがアップしてしまいます。微妙な違いをお楽しみください

59.jpg 59_5
背部ユニットのヒートシンクは反射光で赤熱再現、左腕とグラインドブレードエネルギー供給アーム接続部には火花(のような)エフェクトを自作して取り付けてます

57.jpg 58.jpg
60.jpg 61.jpg
62.jpg 64.jpg 63.jpg
炎エフェクトとLEDの組み合わせもなかなかいい感じ

65.jpg
シャッターが切られる瞬間にカメラを動かすことでグラブレ発動して突っ込んでくる様を再現したかっただけの人生だった(ヽ'ω`)

立体視_mini
恒例になりつつある立体視。






ということでヴェンジェンスでした。
今回はLED79個…かな?(あまり覚えてない)

写真見てる感じわかるかと思いますが、頭部・各種センサー・ブースター・グラインドブレードはそれぞれ個別にLEDのON/OFF操作ができます。大雑把ですが。

機体から外の配線はある程度融通が効くように作ったので、その気になれば対人センサーを組み込んだり点滅回路を組み込んだりなんかも出来ます(ただしその知識が無い)

今回は、はじめて塗装まで行ったACVIだったり
はじめてのウェザリングらしいウェザリングだったり
はじめての外部電源&家庭用コンセント電源だったり


結構「初めて」が多い作品になりましたね(ヽ'ω`)


今回も製作を通して反省点や自分の模型製作における悪い癖、得るべき技術なんかも見つかったので今後の肥やしにします。


ゆくゆくはヴェンジェンス用のジオラマorヴィネットも制作する予定ですが、そろそろ冬WFの原型製作に着手しないといけなさそうです(というか既に原型製作に突入中です)

次は何についての更新か未定ですが、近日中に何かしら更新すると思います。
ではではー
スポンサーサイト

ACVIの電源にAC電源使用といってもアーマードコア電源という意味ではない

さーてさて

8月ですねこんばんは



ブログでは話していませんでしたが、しばらく前から地元の模型クラブに所属しております。


で、その展示会が8/30~31に福島県郡山駅となり郡山ビッグアイ6Fで開催されます。

入場無料、作品持ち込みも大歓迎ですので、よろしければお越しください

詳細はこちらから




8月ということで、スラゼロBlu-rayボックスが発売されましたね。

そんな私はもちろん限定版でクリアゼロをお迎え

珍しく早速組み立てました


スッケスケ!!

で、よく見ると爪などはクリアイエローの成型色かと思いきや

金属粒子が混ぜ込んであるクリアゴールドの成型色でした。
とてもきれいです(小並感)



これで我が家のライガーゼロが増えたわけですが

なんという特殊さ


さらに今日、コトブキヤ限定クリアゼロCASセットの入荷案内が来たのでwktkです





んでーヴェンジェンス

前回の状態でなんか電飾の状態が不安定だったのですが、つい先日になってやっと内部の配線ミスに気づくという大失態


なんとか分解して、仮説電源もヴェンジェンス用AC電源に改良してやっとまともに光るように
  


いままで内部電源ばかりで発光状態と照明状態、カメラ感度をいじりながらで残りの電池が持つ時間との勝負となり、撮影が急ぎ気味だったのですが

こいつが家庭用コンセントで光るため色々実験&撮影練習できそうです


ちょっとした実験

暗闇状態で感度最高だとグラインドブレードがやたらCG臭く写り込む



コンデジ、フリーハンド、無編集

シャッターが開いてる瞬間にカメラを動かすとこんな写真ができたり

もう一度同じ感じで撮るってなったら少し大変(フリーハンドだから安定しない)



いろいろ試してますが今回も少し撮影に苦戦しそうです(ヽ'ω`)
まぁ電池代は気にしなくていいので気長に撮影しますよー

ワンダーフェスティバル2014夏

ということでワンフェスに参加してきませんでした!

たのしかった!
部屋に引きこもり!
たのしい!
PC経由でワンフェスたのしい!!
Twitter越しでワンフェスの展示物とか情報みるのたのしい!!(血涙)



ということでワンフェスを自宅で楽しんでました(ヽ'ω`)


まぁとりあえず、WF開場辺りの時間は、開場と同時にあみブロで公開されたコトブキヤブースの新情報をチェック


チェック…

コトコンの各部門最優秀賞は概ね予想通りの作品たち…生で見たかった

そしてその背後に各部門の優秀賞や佳作の写真が

んでんで見覚えのある写真が!






ファーーーーーーーwwwww

うちの子が
   
フリー部門佳作頂いてました!
ありがたやありがたや


コトブキヤのHPだと「入賞作品はWFで展示」ってなってたので、事前に連絡があるもんだと思ってましたが最優秀賞の方だけのようですね

そしてフリー部門に限らずフォト部門やカラーリング部門にも知っている名前が多数…皆様おめでとうございます!!






んで、亀どころかカタツムリ進行のヴェンジェンス
基本塗装が終わり、

…ええ。ウェザリング。(下がアフター)


はじめて真面目に取り組むウェザリング。
加減がいまいちわからない。

  
 
とりあえずところどころ筆の方向を考えつつチッピングよりのドライブラシ

他の人から果たしてそれっぽく見えているのだろうか

色々すっ飛ばして(写真撮ってない)

配線を収納

今回は外部電源なのでこの仕様

まぁとりあえず形にはなったので軽く撮影
   
ちょっと電源とか試作段階なのでまだ完全な完成ではないです
最終的にはジオラマを作りたい…

なのでちゃんとした撮影&記事まではもう少し時間がかかると思います(ヽ'ω`)


それにしてもはじめての外部電源なわけだけど、自分の作ったプラモデルが家庭用コンセントにつながってるのって結構違和感ね…

バーニング

更新頻度低下中(殴

いや、うん、作業とか諸々してはいるんです



先日、待望の魂EFFECT BURNING FLAME(炎エフェクト)が発売になりまして、

ちょっと遊んでみました
 
手持ちの炎が似合うフィギュア、SIC仮面ライダー龍騎サバイブさんと。

更に燃やす
 
撮影するとき、死角にLEDと電池を置いただけです。
エフェクト自体の光伝達効率が良好なので想像以上に光が広がってこりゃあええ

青炎エフェクトも同時発売だったのですが汎用性が薄そうだなーとそっちは見送りしたものの、
龍騎サバイブと対になるSICリュウガサバイブも持っていて、リュウガは青炎が似合いそうなので青炎も結局買いそうです。


で赤炎を使ってHMMハヤテライガーをちゃんと撮影(4月でほぼ完成してたのに今更)したので近日中にブログにアップします。
余談ですが、ゾイドのような横幅のあるモデルに炎エフェクトを使うときは2セット位欲しくなりそうです。しかし炎エフェクトは早速品薄状態…




で、ヴェンジェンス

まだベタ塗りのみの状態ですが色がつくとやっぱり違いますのう

 
マニピュレーターがあまりにのっぺらぼうなのでビルダーズパーツの物を改造


0.5mmで繰り抜いてクリア樹脂を流し込み、最後のLEDを仕込み終わり。


エアブラシでの基本塗装が大体終わったので、残すはシャドウとスミ入れ、ウェザリング、配線処理…
もう少し時間がかかりそうです

参戦

コトコンに参戦してきました。

ジェノブレとライガーゼロで。


ええ。ヴェンジェンス間に合いませんでした


ぐぬぬ


とりあえず、ジェノブレは以前に撮影した写真が微妙だったので再撮影
ゼロは使用してるパーツがレギュに引っかかるので一部改修して再撮影しました
 

はたしてどうなるやら


で、ヴェンジェンスは塗装をぼちぼち始めました。
 
クリアパーツをクリアパーツに見せないクリア塗装もちょっと慣れてきたような気がする


で、ちょっと危惧していたグラインドブレードの配線隠しですが
極力目立たないよう隠すことが出来ました
 

可動もそのまま残すことが出来たので安心
  

それにしてもヴェンジェンスは配線の都合もあってかなり塗装しにくいです。
合わせ目とかも普通に目立つところに出てくるもんで尚更。

とりあえず、コトコンの締め切りを気にする必要がなくなったので気長にやっていきます。

| NEXT>>

プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2026位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
271位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。