スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リムりたい

ちまちま進行ー



面出しビフォーアフター

とりあえず胴体を素組んだので、
バックパックの制作をば(ジェノリッターの)
と言ってもまだ基部しか出来ていませんが

とりあえずパーツ構成



ノギスの導入により0.1mm単位の測量ができるようになったので

接着剤なしでピッチリ組めます

ブレなし、自然分解もなし



内部もディテール入れてます



プラ板工作たのしいれす
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

るーだー : 2013/07/14 (日) 02:29:16

初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

以前から思っていたのですが、プラ板の加工技術がすごいですね。
そこまで行くともうフルスクラッチでHMMが作れてしまいそうですね。

ところで僕もゾイド改造の際、プラ板を使って装甲をでっち上げたりするのですが、だいたい歪になってしまいます。
正確に測ったつもりでも、カットするナイフの厚みでサイズが変わってしまったり、歪んでしまったりします。
つんさんはプラ板を切るナイフも何か特別なものを使ってらっしゃるのですか?

つん : 2013/07/15 (月) 23:40:34

るーだーさん
→はじめまして。コメントありがとうございます。
 プラ板を加工する事はできても、デザイン能力が低いので流石にHMMは作れそうもありませんね^^;

 プラ板の加工に使っているのは、
 ・コンビニで売られているようなカッター
 ・中学の美術で配布された定規
 ・100均の金物用ヤスリ(大雑把な成形用)
 ・一般的な模型用デザインナイフ、タミヤのヤスリ
 ・金属製ノギス
 こんなところなのでなにか特別なものをつかってはいないと思います。

 誤差の対策は、ナイフの厚みからくる誤差はあらかじめ誤差を逆算したり、
 同じ形状を切り出すときは、マスターとなるものを一つ作ってそれをプラ板に瞬着で点留めし、
 それをガイドに直接切り出し、マスターから剥がすことで作っています。

るーだー : 2013/07/16 (火) 00:05:37

なるほど・・・マスターですか。
参考にさせていただきます。

これからも楽しく見させていただきます。
ありがとうございました。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3101位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
407位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。