スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でっていう

パーツ作ってたり、ディテール追加したりしてて思うのは、

そのパーツ単体でかっこ良くても、全体で見ればバランスが悪かったりしたらダメだよなーと思う今日此の頃。


いくら空想の機体とは言え納得できる理由のあるディテールじゃなければぶっちゃけいらないような気がしてくる。


RGや最近のMGに顕著な装甲にある細かなパネルラインは文字通りメンテナンス用に設けられた装甲の分割線だろうと想像できるから納得できる。


ようは無闇矢鱈にディテール付けてもそれに見合う「理由」を想像できなければ意味ないのと同じなのですかねー。
模型やってるとたまに耳にする「付けりゃいいってもんじゃない」はまさしくだなぁと。



こういうこと考えると終わりが見えないので適度が一番ですね。

ディテールの入れすぎ、逆に入れなさ過ぎ、理由の想像できないディテールは避けてバランスよく作っていきます。




もっとも、自分がやってるように排熱ダクトも実際には大々的に光る訳ではないのですが、強いて言えばいわゆるアニメ表現の一種ですかね。






ということで引き続きジェノブレですよ。


バックパックです。

先ほども述べたパーツ・ディテールの意味、考えればここのバーニア両脇もスラスターだよなぁということで、前回は光らせていませんでしたが

今回はしっかりLEDを組み込みます。



んでいつもの荷電粒子コンバーター改造


今回は電飾だけではないのです。


まだ記事にできるほどでは無いですが

今度は電動ギミックが入ります。



といってもそんなに見栄えがするわけではないですし、大それたものではないですがね。


電気回路に疎く、LEDとモーターで電源を共有できなかったので

LEDとは別個にバックパック内部に電源を更に設け、スイッチもまた別に用意。意外とイケるものである。


スペックでは
前回のブレイカーユニット;LED13個、電池2個、スイッチ1個
今回のブレイカーユニット;LED34個、電池8個、スイッチ4個、モーター1個
と結構スペックアップ。多分このスペックアップは主に悪い意味で。



とまぁ今日はこのへんで。早ければ明日にでも完成状態のブレイカーユニットをアップできるかもです
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2336位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
323位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。