スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kimy

結局前回の更新通りにはいかず・・・申し訳ないです。


あっ。


一つ大きな変更が。


現在のジェノブレ、ジェノブレイカージェットType-Aとして製作中でしたが、予定を変更して
ジェノブレイカー レイヴン仕様
として作ることにしました。


理由は・・・
以前にも言ったとおり「HMMとして究極のジェノブレイカー」を目指す、と宣言していたこと、一応フォトコン向けの作品ということ、ほぼ同カラーのフルLEDレイヴン仕様アナザーを制作していたこと、などなど。

要は、より知名度の高いカラーリングで作り上げよう、と思った次第です。



では途中経過をば。

まずは前回の更新で言っていた電動ギミック

動作の関係でLEDとは完全に別系統の電源、スイッチを埋め込みます

手持ちのモーターでギリギリ・・・もっと小さいモーターもあるのですが、ネット購入になってしまうので節約

ちなみにモーターによって動かすのはこれ

ナニワネジとクラウンギヤを組み合わせたもの



ここで電動ギミックを入れようとしたキッカケというか小話

つい最近、前回のフルLEDアナザーで尻尾にLEDの発注をしてきた友人N氏と卒業以来久しぶりに遊んだ時にふと思い出したのです。

フルLEDゼロを作ってる時にN氏は「キャップは回んねーの?回そうぜ」とか言っていたことを。

ゼロはどう考えてもモーターとLEDを共存させることができるほどスペースが無かったので却下しましたが。


そして、PGダブルオーライザーのGNドライヴに仕込まれている回転&LED発光ギミックの動画をみてロマンを感じていたので今回踏み切った次第です。

スペースも沢山あったし。


んで大まかな配線



これを組み上げてLEDと電動ギミックは完成!

この面では前回からLED4個UP

可動もOK

ウイングスラスターは前回同様コネクタ接続ですが、前回は真鍮で自作していたのをちゃんとした電子部品を使用して安定化。取り外し・再接続も安心確実簡単

そしてサイドダクト

前回の更新時は予定に入っていませんでしたが、考えた結果、ウイングスラスターのインテークは正面についてるしここはダクトだろうと帰結し、LEDを入れるスペースもあったので発光化。

ここに入れたせいで組み立てがかなり複雑化・・・・


そして前面部のセンサー



荷電粒子コンバーター

モーターの関係と、内部を淡く全体的に光らせるために、LEDを2個に変更&横向きに。



フリーラウンドシールドと組み合わせて発光

まだちゃんと接続してないですが雰囲気だけ。

やはりジェノブレの電飾は見栄えするのう

写真だけでは電動ギミックはわからないので動画も。
※全く見栄えしないです




ということで今作のブレイカーユニットスペック(フリーラウンドシールド込)[前回比]
LED:37個[+24]
電池:8個[+6]
スイッチ4個[+3]
モーター1個[new]


流石にここまで増えると重量も凄いことに・・・なんと150g弱。


どれくらいかというと、HMMシャドーフォックスがだいたい120g。それより重いものがジェノブレの背中に乗る・・・・と・・・。


まだちゃんと載せれていないので判りませんが、脚部の耐久強化は必須ですね




では今回はこのへんでー
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
332位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。