スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMM ジェノブレイカー レイヴン仕様 フルLEDエディション 完成

ついに完成です

HMM ジェノブレイカー レイヴン仕様 フルLEDエディション


過去のフルLEDエディションが可愛く見えるLED115個搭載。


詳細はあとにして写真をば

いつもの方向
    

今回は赤と青個別操作なので同時点灯で紫色っぽくもなります。

赤が強すぎてピンクに近くなってますが^^;


各部アップ

  
牙をフューラーのモノに総入れ替えして小型化&牙数アップ。
荷電粒子砲もいつものように差替え伸縮。
そして何気にこだわった開閉に合わせて連動する顎部シリンダー。閉じてる時にもチラ見えするのがポイント



 
凹モールドにはメタルパーツ埋め込んだり



 
脚部シリンダーは膝の可動に合わせて連動するように改造。
実際に自分で動かさないと連動シリンダーの魅力は伝わらないかもですが;



 
爪の横可動改造ver.3
今回は耐久性も確保しつつ縦可動&横可動OK。
分かりづらいですが、サイドアンカーはハの字型になるよう装甲側面を斜めに加工してあります。


 
踵可動。ここはいつもどおり。配線が露出するのでスプリングでカバー。
塗装しやすく&メンテナンスしやすくするために脚部はプラグ接続を多用してます(踵・太もも上部ダクト・膝ダクト)




ふくらはぎ装甲裏も埋めるだけでなくそれっぽいディテールも追加。うるさくせずにシンプルに。



装甲つけると殆ど見えない股関節シリンダー。ここも可動に合わせて連動しますが見えない…!


   
尻尾は6mm延長でパーツ干渉軽減、胴体にHMMフューラーの構造を元にスライド関節を追加&首周りの改修で更に可動範囲アップ



真上を向いて咆哮もできる


ブレイカーユニット
     
フリーラウンドシールド見て頂ければシャドウ入れてるの判りますかね…汚いシャドウですが。

見た目的な改修はフリーラウンドシールドのモールドを少し変更。
荷電粒子コンバーターの作り直し、内部にタービン状のパーツ設置。そしてそのタービンがモーター駆動(無駄に)

面倒くさいので再撮影はしません。
バーニアをMSGに交換。最近思うのがバーニアは壽屋安定。バンダイのビルダーズパーツHDのバーニアはエッジが厚いしディテールが変にうるさい。
あとはフリーラウンドシールドの面出しやらモールドの彫り直しやら。



ウェポンバインダーは下部銃口(レーザー砲)を開口して間にナニワネジを挟み込んだ程度。





ここからが本番(?)。LED発光。
 
新発光箇所として、頬ダクト・胸部ダクト・首内部・胴体内部を。荷電粒子砲発射後の排熱で光るイメージ。


 
尻尾は前回同様の発光+側面ダクトも発光。機体が赤いせいで非常に見にくいですがちゃんと光ってます。


顔も全て光らすとだいぶ凶悪な感じに。頭部レーザーチャージングブレードも光ります。



発光可能にできるけどあまり意味ないかなーと、当初は見送っていたウェポンバインダー。
独立電源なので配線の取り回しは不要。
ボールジョイント接続にして自由度を上げてみたり。


   
ブレイカーユニットは新発光箇所にウイングスラスターダクトと前面センサー、アーム基部の角バーニア、フリーラウンドシールド後部スラスターなど。
あとは荷電粒子コンバーター内部のLEDを中央タービンを照らす形に2個配置。前回は真上を照らす形で中央配置だったのでちょっと見栄えが…


そして今回の目玉。

このエクスブレイカーが

光る!
LEDフューラーのバスタークローは明るい場所だと激しく見栄えしませんでしたが今回は明るくてもこの見栄え!

一つのエクスブレイカー内部にLED×2とチップLED×1がインサートされてます。
エクスブレイカーは厚さ約1.7mm程度ですが気合で3mm砲丸LED入れてます。明るさのために気合で。気合で。




  
脚部は太もも上部と膝のダクトも発光可能に。ただ、パーツの形状上見えにくい…
内部の改良で電流も前回より多く確保できたので明るさアップ。
スイッチは操作しやすい位置に変更(脚部ランプ下)

 
バーニア全点火


ポージング
     

部屋の照明全部オフで。※写真加工してません
 

某氏よりアドバイスを頂いて撮った一枚



立体視用




ほぼ完璧に赤黒反転したフルLEDジェノブレイカー揃い踏み







ということで横道に逸れたりで約半年かかった今回のジェノブレイカー。

当初言っていたとおり「HMMとして究極のジェノブレイカー」を目指して制作しました。

自身のジェノブレイカー改造とLEDギミックの集大成としてできうる限り。


今回はちゃんと取説も読みましたよ。デザインイラストのところだけ重点的に。
設計デザインではあったのにキットではオミットされたディテール(主にシリンダー)をコンバートしてみました。




アナザーフルLEDを改めて見なおした時に可動範囲や各部のバランスも気になったのでそこら辺も改修。



改修箇所を全て挙げるのはちょっとツラいので、まとめて言えば




今まで以上に可動し、今まで以上に光る。そして細かい改修。


です。




配線材の見直しやコネクタの導入で大分安定して光らせられるようになりました。全部が全部安定しているといえるレベルではないですが。


今回は地味にゾイドコア(シャドー)を潰さずに済んでたりします


いつもはここに電源を配置してたのですが、コックピット内部に電源と赤眼・青眼・レーザーチャージングブレード・荷電粒子砲の4つを個別に操作できるスイッチを収めることが出来たので助かりました。






ということで今回のジェノブレイカーのスペック。()内前回比

LED総数:115個(+77)
電池:26個11箇所(+16個6箇所)
スイッチ:11個(+4)
モーター(new)


特にLEDがオカシイことになりましたね。前作ジェノの3倍とかワロス。
制作当初は3桁突入以前にフューラーの73個を超えることになるとは全く考えていませんでした。





こうして振り返ると、
まだまだ塗装の拙さが目立ち、各部も見直しの余地ありですね…。ぶっちゃけモーターギミックとかしょぼすぎて要らないよね。
決して満足のいく出来ではないですorz


もっとも、
「満足のいくものができました」
なんて言葉はモデラーが使ってはいけない言葉だと思いますし、使ったらモデラー失格だとも思います。




今回発覚した重大な問題が、塗装技術が低下してるってことですかね。

もうね、シュバルツセイバーが多分今までの全盛期。

反省して一から見直します。


え~以上で
HMM ジェノブレイカー レイヴン仕様 フルLEDエディション 終了です。一応。

最後まで見て下さりありがとうございました。

また次回作にご期待ください。









以下構想


◯ホワイト・グリント フルLED
◯ライガーゼロ 帝国仕様 フルLED
◯MGνガンダム ver.ka Hi-ν風 フルLED
◯アイアンコング シュバルツ仕様 Mk-Ⅱ装備+α
◯MSSシンカー ジオラマ
◯ファイアーフォックス ヴィネット
◯ダークホーン ダブルガトリング装備
◯サイコジェノブレイカー
◯本気で向き合うHMMコマンドウルフ
◯本気で向き合うリブートオメガモン
◯ブレードライガーミラージュ リテイク


作りたいものの構想はホイホイ浮かぶけど手が追いつかないでござるよ。製作途中のもあるのに。


とりあえずワンフェスの原型を正式完成に持っていくのが当面の予定ですかね
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

たかし : 2013/10/26 (土) 19:02:41

うおぉ・・・。ジェノブレの完成度については言葉が出ません 笑


>「満足のいくものができました」
>なんて言葉はモデラーが使ってはいけない言葉だと思いますし、使ったらモデラー失格だとも思います。

耳が痛いです 笑

仕事でも趣味でも「現状+α」を求める姿勢は大切ですね。


お忙しい身だとは思いますが、東京にお越しの際はまた是非アキバでもぶらつきましょう!

AKIRA : 2013/10/27 (日) 07:26:40

お久しぶりです。

遂に完成したのですね・・・

エクスブレイカーなどの発光等も追加されておりクオリティに脱帽です。
また次回作の製作日記を心待ちにしております。

カナ : 2013/10/27 (日) 20:20:40

こんにちは

めっちゃかっこいいですね!!!

自分もこんなハイクオリティで作りたいなあ

ユミヤシ : 2013/10/27 (日) 20:21:48

撮影も含め、改めて完成お疲れ様です!!
振り向き画像の2枚目はエクスブレイカーの青い光も目立つようになってカッコ良いと思います。ブラボーです。

粗探ししてるみたいでナンですが、牙の塗り分けや墨入れの滲み等ひと呼吸おいて作業することで全体の完成度を一層向上させられた部分もあるように思います。
なので、つんさんがもっと上を目指せると考えるとどこまで行ってしまうのだろうかと思えてきて楽しいです(?

ところで
>◯本気で向き合うHMMコマンドウルフ
気になりますww またスカイプでゾイド談義しましょうc(´ω`)p

ユウ : 2013/10/28 (月) 11:40:39

長い間お疲れ様です。

まだまだ、満足しちゃダメだと仰ってますがそれ以上だとどうなるのか楽しみでも有ります(笑)

やっぱり圧巻ですね!
素晴らしい作品が見れて感激です。

これからも、自分のペースで頑張って下さい!

まだ、ブレード作ってない(笑)
ゴシュラスが控えてるのに~(T_T)

では、また書き込みします~。

つん : 2013/10/28 (月) 20:09:07

たかしさん
→ありがとうございます!
 これからも模型を作っていく人が使うべきではないとおもいますねー。過去に自分も使ってる気がしないでもないですが笑
 某死神漫画の隊長や某錬金術漫画の鷹の目先生の言葉の受け売りですが、自ら成長を辞めたようであまり好ましい言葉(姿勢)ではないなと思い始めました。
 心のなかに「完璧を目指せど完璧を作る無かれ」「完璧を作れど満足する事なかれ」といった言葉を置いて作るようにしてます。
 できれば冬に行きたいなーと考えているのでその時は是非!スカイプなどでも笑




AKIRAさん
→ありがとうございます!
 LEDエクスブレイカーはやって正解でしたね。
 次回、何が完成するのかまだ判りませんが今後もよろしくお願いします!




カナさん
→こんばんは。
 ありがとうございます!
 個人的な考えですが、相当なことがない限り模型製作は器用さといった要素より根性などの精神的要素が大きな部分を占め、その気になれば自分の想像以上のことが出来たりなんてことがありますので色々挑戦してみてはいかがでしょう?




ユミヤシさん
→ありがとうございます!アドバイス助かりました!
 おおう…細かいところまでご覧頂きありがとうございます;
 牙のところはスミ入れでのリカバリを忘れていましたねorz
 スミ入れの滲みなどまだまだ詰めが甘いですね。というか過去作含め完成が近づくにつれ荒くなっている気がしてなりません。課題ですね…
 
 ◯本気で向き合うコマンドウルフ→簡単にいえば今回のジェノブレのような感じですねw
 LEDではないですが、可動やスタイルなど気になったところを徹底的に改修してみようかなーと(狛犬はほぼ素組に塗装程度しか挑戦したことがないので)

 またスカイプやりましょう!




ユウさん
→ありがとうございます!
 やはり展示会などで他のジャンルの模型や、プロやプロ級の方が作った作品を実際に目にするとまだまだやれることはあると感じるのでお勧めですよ(笑)
 年末のゴジュラスにむけて色々これから大変になりますね…(置き場所や資金など)
 またコメントお待ちしておりますー

- : 2013/11/03 (日) 22:51:46

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つん : 2013/11/05 (火) 00:53:30

グリーンミンティアさん
→はじめまして。コメントありがとうございますー。
 シュバルツセイバーとダークホーンですが、一長一短といったところですかね。

 シュバルツセイバーは比較的初期HMMなので組み立て難易度や完成したあとポロリが多いですね(特に前脚膝部赤パーツ)
 ですが可動範囲は広く、色々なポーズを取らせる事ができます。
 過去のシュバルツセイバーの記事に可動範囲改造について書いてますのでご参照ください。
 首の改造以外は基本的に切り取ったり削るだけの改造になります。


 ダークホーンはボリュームの割に組み立て易くパーツポロリも少ないです。
 可動ついてはスティラコサウルスというモデルの都合上、ダークホーン自体のポージング幅が狭い印象ですがHSが武器が多く可動も申し分ないので表情付けという意味では楽しめるのではないかと思います。
 首の可動範囲は引き出し関節と軸関節の併用で想像以上に横方向へ可動します。
 胴体と尻尾は意外と可動範囲が狭く、削る切る等で可動範囲改造は難しいと思われます。
 
 一概にどちらがおすすめとは言いづらいですね…
 ただ、シュバルツセイバー→ダークホーンHSと組めば、HSには多くの武器余剰パーツが発生するのでそれをシュバルツセイバーにつけることでセイバーを二度楽しむというのも一つの楽しみ方だと思います。

グリーンミンティア : 2013/11/05 (火) 08:29:31

ご意見ありがとうございました!!今回は悩みましたがダークホーンを作ってみようと思います。ダークホーンは可動範囲が少ないことは知っていましたが詳しい内容までは知らなかったのでとても参考になりましたm(__)mつんさんの以前の記事なども参考にさせてもらいつつ自分のできる限りの力で制作していきます。やっぱりハリー、ベンジャミン、セバスチャンとの記念撮影風画像は撮らないといけないですね(笑)これからもアドバイスお願いします!!

のまち : 2013/11/10 (日) 18:07:01

いつもブログを拝見させていただいているものです。

自分もゾイド好きでHMMも何体か作っていて、次はジェノブレで本格的な塗装を思っています。

そこで、参考までにつん様のジェノブレとジェノブレアナザーの塗装レシピ、またはコツ等教えていただけないでしょうか?

エアブラシ使用予定です。
よろしくお願いします。

つん : 2013/11/10 (日) 22:25:52

グリーンミンティアさん
→いえ、参考になったようで幸いです。
 制作頑張ってください。

つん : 2013/11/11 (月) 02:43:01

のまちさん
→はじめまして。コメントありがとうございます。
 自分はエアブラシの塗装技術がかなり低いのであまり参考にならないかと思いますが、模型誌How to等でも言われるとおり、一度に厚く塗らず薄く重ねるのがエアブラシの基本だと思います。あとはエッジや凹部を先に吹くとか、ですかね。

 ジェノブレ/アナザーのレシピはほぼ共通です。
 赤:サフ→MSサザビーレッド
 黒:黒サフ→ジャーマングレー
 シルバー:黒サフ→EXシルバー+グロスブラック+メタリックブラック
 ゴールド:黒サフ→スターブライトゴールド
 ガンメタ:ライトガンメタル
 メタリックブラウン:黒サフ→GXメタリックブラック+色ノ源マゼンタ+色ノ源イエロー
 シャドウ:クリアブラック
 細部銀:スターブライトジュラルミン

 

のまち : 2013/11/12 (火) 11:49:37

丁寧なご回答ありがとうございます!
参考にさせていただきます。

また質問なのですが足(股)の稼働領域拡大とエクスブレイカーの角度を斜め稼働出来るようにする改造について教えていただいてもよろしいでしょうか?

今回初めて、挑戦するもので><

後、つん様はエアブラシはあまり使わないということは筆塗り派ということでしょうか?

のまち : 2013/11/12 (火) 11:56:28

連投すみません。

足のつめの稼働領域拡大についても教えていただきたいです。

質問ばかりで本当に申し訳ない><

つん : 2013/11/13 (水) 22:53:13

のまちさん
→股関節、アーム共にキットのパーツを加工し、関節技ロールスイングジョイントを組み込んでいます。

 申し訳ありませんが、文字で説明しづらく、現在このジェノブレイカーが手元にないので写真も取れないです。

 そこまで難しい加工ではないので、部品を購入してキットとの兼ね合いを見ればどこを加工すべきか分かるかと思います。


 爪の横可動は今まで制作したのがそれぞれ作り方が異なるのですが、今回のは市販パーツ不使用で縦可動と横可動を両立させたので構造が少々複雑で説明しにくいです。
 写真も撮っておらず、例によってジェノブレも手元にもないです。

 簡単に説明するならば、
 キットの爪接続軸を切り離して引き出し関節を間に挟み込んで爪可動穴の一部を切り欠きそこにプラ材で自作した横可動用の関節を接続するというものです。

 一番最初に行った改造はMSG Hジョイントを使って改造、2回目のはプラ材で横可動のみの関節を自作しています。


 エアブラシをあまり使わないとは言ってないとは思いますが…
 細部は基本的に筆塗りですがメインはエアブラシ塗装です。

のまち : 2013/11/13 (水) 23:10:58

丁寧な回答ありがとうございました。

参考にさせていただき制作に取り掛かろうと思います!
また、機会があれば写真でも見てみたいですね。

質問ばかりで失礼しました、これからもブログ拝見させていただきます。
頑張ってください!

のら : 2013/11/26 (火) 11:48:34

素晴らしい作品で参考にさせてもらってます!

一つ質問なのですが、踵部分の関節には何を使ってますか?色々試しているのですが、なかなかしっくりとくるものが無くて困ってます

出来れば教えてください><

つん : 2013/11/28 (木) 00:46:06

のらさん
→はじめまして。コメントありがとうございます。
 
 踵には加工したMSG Hジョイントを埋め込む形で使用してます。
 ただ、荷電粒子砲発射形態のときなどはジェのブレの重量に対し保持力はないようなモノなのでご注意下さい

のら : 2013/11/28 (木) 02:25:20

わざわざご回答していただきありがとうございます。

自分もHジョイントをアンカー側にはめ込んでいるのですが、爪先側に新たなジョイントを組み込んでいるのでしょうか?再度の質問ですいませんm(_)m

つん : 2013/11/28 (木) 22:27:44

のらさん
→アンカー側・爪先側というのがよく判りませんが、踵可動に使用してるHジョイントは一組で二重関節にするパーツは使用してません。
 切断した両側に埋め込む形なので加工前の長さはほぼ変わらないです。
 

のら : 2013/11/28 (木) 22:40:40

ご丁寧な回答ありがとうございます。

さっそく作業に移りたいと思います。また製作につまずいたら写真を参考に研究させていただきますのでよろしくお願いします(笑)

- : 2017/07/03 (月) 09:02:10

このコメントは管理者の承認待ちです

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2059位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
297位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。