スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACVI対応コジマキャノン[ARSENIKON] 組立説明

コジマキャノン[ARSENIKON]組立説明

※ワンダーフェスティバル2017冬以降販売のver1.5の組立て解説もこちらです。
 ver1.5での解説部分は都度注釈を入れます。
 旧仕様と共通する部分では微妙に写真とパーツ形状が異なります。ご注意下さい。


◯別途ご購入頂く必要のある部品
wave Aスプリング1 その他、直径1mmのチューブ、チェーン等で代用可
ナニワネジ スピンサート 4mm×6mm×7mm

ver1.5
上記に加え
ハイキューパーツ ネオジム磁石 直径3mm
・コイン電池CR1220×1個


◯基部パーツリスト


◯砲身パーツリスト


◯ver1.5パーツリスト
C2TFwhZUQA.jpg


◯基部組み立て
中央球体部は写真を参考にゲート処理を行って下さい。球体側面から出ている2mm棒を切り取らないようご注意下さい



ver1.5___________________
IMG_5879.jpg
電池を入れる際はプラスマイナスの刻印を参考に方向に注意して差し込んでください。
もし光らない場合は電池のプラスマイナスを逆に差し込んでみて下さい。
それでも光らない場合はピンセット等で金属端子部分をすぼめるように軽く曲げてから電池を入れ直してみて下さい。
電源のON/OFFは直接電池を抜き差す形となります。
展示時以外は電池は抜いて下さい。
___________________


この部分でゲートとパーツの境界がわかりにくくなっております。写真を参考に切り取って下さい



ver1.5__________________
IMG_5878.jpg
ver1.5では、窪みをガイドに3mmのピンバイスで穴を深く彫り、
別途ご購入いただいたネオジム磁石を埋め込み、接着して下さい。
磁石を埋め込む際は方向に注意し、組み立てる際に弾かれないようご注意下さい。
___________________



写真のパーツにある窪みをガイドに2mm径の穴を開けて下さい


開けた穴に2mm径プラ棒(もしくはパーツから伸びている2mm径ランナー部分から切り出したレジン棒)を差し込んで下さい


写真のパーツに窪みをガイドに2mm径で穴を貫通させて下さい


写真を参考に組んでください。一箇所だけピッチが短い部分がありますのでその部分を写真のように奥側に回るようにしてください


写真のパーツにある窪みをガイドに3mm径で穴を開けて下さい


写真を参考に1mm径で穴を2つ開けて下さい



写真を参考に組み合わせて下さい
 

写真を参考に1mm径の穴を開けて下さい(反対側も同様)


別途ご購入頂いたナニワネジに差し込んで接着して下さい。隙間を瞬間接着パテ等で充填しておくことをお勧めいたします
 

写真を参考に組み立てて下さい。球体部分はそれぞれ左右と組み込み方向が決まっておりますのでご注意下さい。
 

ネジを差し込んだ状態で写真のような角度になっていることをご確認下さい。
写真下部、小さな出っ張りの部分に写真を参考に1mm径で穴を開けて下さい

ver1.5_____________
ver1.5では電池の抜き差しを伴うため、1.1~1.2mm程の穴にし、スプリングの抜き差しをし易いようにしておきます。
__________________

写真を参考に1mm径の穴をそれぞれ2つずつ開けて下さい


写真を参考に接着して下さい。ズレが出ないようご注意下さい


先ほどのパーツを球体パーツと組み合わせます。


開口した1mm径の穴同士を別途ご購入頂いたスプリングで繋ぎつつ写真を参考に組み立てて下さい



◯オプションパーツについて(ver1.5)____________
IMG_5884.jpg IMG_5885.jpg
オプションハンドグリップは写真を参考に接着して下さい

IMG_5883.jpg IMG_5882.jpg
各写真左のパーツがACVIシリーズ用のジョイント(3.2mm軸)
右が他プラキット汎用の3mmジョイント(3.0mm軸)となります。
凸ディテールと凹ディテール、軸の色等で判別してください。
___________________



◯砲身の組み立て

ver1.5_________________
銃口の組立て
IMG_5880.jpg IMG_5881.jpg
版権刻印のある円柱パーツをサポートとして接着します。
接着の際、サポートランナーには接着されないようご注意下さい。
________________


同形状パーツが2つずつ2組、異なる形状のパーツが2つです

写真の状態でそれぞれ組み立てた際に対角になります

窪みがあるパイプパーツが外側になります。窪みをガイドに砲身レールを接着して下さい
 

3本目の接着
 
接着箇所を間違えないようご注意下さい

4本目の接着


写真をよく見てレールの並びに間違いが無いようご注意下さい。
  


ver1.5_____________
IMG_5045.jpg IMG_5046.jpg FullSizeRender.jpg IMG_5048.jpg
ver1.5では、銃口の組立てで使用したサポートランナーを使用することで組立てやすくなります。
各パーツの接着が完了しましたらサポートランナーを引き抜いて下さい。
_______________


◯基部との接続
写真のようにパーツを若干曲げつつ嵌め込んで下さい
 

ACとの接続部を写真を参考に組み立て、開口した穴をスプリングで接続して下さい


手持ち用の場合



◯完成
 


     

ver1.5
C2ifS2VUcAEqJ_7.jpg C2HrdpoVQAA1xZX.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1694位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
226位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。