スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMMバーサークフューラー対応 シュトゥルムフューラー改造パーツ

HMMバーサークフューラー対応シュトゥルムフューラー改造パーツ 組み立て解説


●組み立てに際し別途ご購入頂く必要のある部品
・ホビーベース/ロールスイングジョイント(大)
・コトブキヤ/MSG Hジョイント×2セット
・コトブキヤ/MSG バーニアノズルⅡ



組み立ての際は両面テープなどで仮組みを入念に行い、構造を把握することをお勧め致します。



◯頭部の組み立て

上の写真で爪楊枝で指した穴を2mmピンバイスで拡張します

頭部の組み立てには以下の部品を使用します


下顎の組み立て

写真を参考に2つのパーツを接着して下さい


写真を参考に組み立てたパーツを少し横に広げつつ下顎の前からスライドさせるように嵌め込みます


顔のパーツも写真を参考に頭部に装着させて下さい。
コックピットカバーはフューラーのキットのものをそのまま使用します。


コックピットカバーを開閉する際は、写真を参考に後方へスライドさせてください


◯シールドの組み立て

左腕側を解説しますので右腕側もこちらを参考にしてください。


写真を参考にフューラーキットG17のパーツの一部を切り欠きます


バスタークロー基部(P1)の軸を切り飛ばし、I15とG17(+G18)を通常の組み立てとは反対側を向けて組み立てます(上がシュトゥルムフューラー用に加工したもの、下が通常の組み立てをしたもの)

組み立てには以下の部品を使用します


  
写真を参考にパーツを組み合わせます


エクスブレイカーは写真を参考に先ほど加工したものに接着して下さい

    
  
写真を参考に各パーツを組み合わせます。

 
付属のプラ板を切り出し、後部のディテール一段に一枚ずつ丁寧に接着して下さい。(下に置いたパーツを全体接着後のものと考えて下さい)
※プラ板を切り出す際はスミ入れ塗料で切り込み線を目視しやすくすることをお勧め致します。

  
フューラーの肩部装甲のディテールに合わせて接着します

 
リング状のパーツをフューラー腕の付け根ボールジョイント軸に通しそのまま腕を嵌め込みます。


肩装甲とバスタークローアーム、組み立てたシールドを接続します



◯ブースターの組み立て
組み立てには以下の部品を使用します(写真は左側のみの部品一覧。右側の組み立てもこちらを参考にしてください。)



写真を参考に、丸凸ディテールに5mm径ピンバイスで穴を掘ります。


反対側にはパーツにある窪みを参考に3mm径の穴を掘ります。
それぞれの穴は貫通しないようにご注意下さい。


写真のパーツに、シールドの時と同様にプラ板を切り出し貼り付けてください


ご購入いただいたMSG HジョイントのB-2×4、B-8×2を写真を参考に組み立て、片方の底部差し込み軸は全て切り飛ばし、もう片方は短くカットします


写真を参考に接着します


先ほどのパーツのHジョイント同士を写真を参考に接着し、張り合わせた面を荒い紙やすりで処理して下さい


プロペラントタンク状のパーツに接着します


二種類のタンク後部にはMSGバーニアノズルⅡを接着します(大きいバーニアは9.0、小さいものは4.0)

 
写真を参考に各パーツを組み合わせ、挟み込みます


ご購入いただいたロールスイングジョイント大のパーツを写真右側の状態になるように加工し、組み合わせます

 
組み立てたブースター本体の側面に、写真に写っているパーツと先ほどのロールスイングジョイントを接着します


ロールスイングジョイントを最初に加工したパーツの3mm穴側に差し込み接着します



◯脚部の組み立て

フューラーキット側からは以下の状態の部品を使用します


当改造パーツからは以下の部品を使用します(写真は左脚側。右脚側もこちらを参考に組み立ててください)


   
今までと同様にプラ板を一段に一枚ずつ接着します

  
太ももは写真を参考に組み合わせてください。合わせ目は接着しても脚部上方向から装甲の取り外しが可能です

  
ふくらはぎも写真を参考に組み合わせてください


キットのパーツを写真を参考に組み合わせて下さい


フューラーキットのG29とM15を組み合わせ、G29底部のL字型のピンを切り飛ばします

   
写真を参考に各パーツを組み合わせます





◯バックパックの組み立て

フューラーのキットからは以下の状態の部品を使用します


当改造パーツからは以下のパーツを使用します(左右の区別はありません)



写真を参考に窪みに嵌め込みます


組み立てたブースターを写真を参考に接続します(反対側も同様)



◯全身の組み立て
今までのパーツをそれぞれ接続し、フューラー本体と組み合わせます
            
これで完成となります。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

- : 2016/04/10 (日) 23:04:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

つん : 2016/04/10 (日) 23:30:09

こちらは当日版権イベント限定アイテムですので、それ以外の場で販売しておりません(一般販売及び通信販売は一切行いません)

- : 2016/04/11 (月) 00:39:37

お返事ありがとうございます。
そうなのですね…。。非常にカッコよく作られていて欲しかっただけに残念です…。。

今後どこかのイベントなどで販売される予定はあるのでしょうか??

つん : 2016/04/11 (月) 17:23:45

こちらこそありがとうございます。

再販につきましては前向きに検討しておりますが、現段階では次回ディーラー参加予定イベントは未定です。

また、当日版権システムの都合上、必ず再販するというお約束も出来ませんのでご了承下さい。

管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

つん

Author:つん
HN:つん (※≠ツン)
・主にキャラクターモデルが主食の雑食

Twitter:Tuntun_k
E-mail:sturm_und_drang◆hotmail.co.jp(◆を@に変換して下さい)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
ガレージキット組立説明
Flashカレンダー
検索フォーム
リンク
完成品
RSSリンクの表示
QRコード
QR
フリーエリア
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
模型・プラモデル
343位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。